副業はAWS無料枠でWordPressブログ運営:サーバー構築編

この記事を書いた人
トラみちゃん

虎ノ門に強い憧れを抱く、30代大手町OL。
外資系コンサルタントとしてIT系の勉強も兼ねて、AWSでブログを初める。
株式投資歴10年、積立投資(NISA)歴7年で、運用資金2000万円越え。
昨年から、不動産投資も開始し、安定的なポートフォリオを目指して日々懸命に働く。Twitter:@toramifire

トラみちゃんをフォローする
副業(ブログ)
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

FIREを目指す30代OLトラみです🤍

トラみは今年からブログ運営を行なっていますが、AWSの無料枠をフルに活用しています✨
その為、ブログ運営費はほぼ無料です🤍

前回の記事では、ネットワークまで構築することができましたね🤗
今日からいよいよ、サーバー(EC2)を立てていきます✨

サーバー構築の流れ
  • ①EC2作成・起動
  • ②Elastic IPをアタッチ
  • ③EC2にアクセス
  • ④Webサーバのインストール
スポンサーリンク

①EC2の作成・起動

AWSの無料枠を利用してEC2(サーバ)を構築・起動していきます🤗

EC2作成します
AWSの無料枠のLinuxを選択
無料枠のt2.microを選択します
インスタンスの作成にあたりVPCやサブネットの設定をしていきます
パブリックサブネットにWebサーバを作成します
名前をWebサーバに設定
セキュリティグループを既存の「WEBーSG」を選択
EC2ログイン用のキーペアを作成します

最後に作成したインスタンスを起動させ、EC2の作成・起動は終わりです🤗
お疲れ様でした🐯

スポンサーリンク

Elastic IPをアタッチ

続いて作成したEC2にElastic IPをアタッチしていきます。
もちろんこちらも無料のプロセスです🤗

Elastic IPとは固定のIPアドレス(住所)となります。
Elastic IPを取得しておかないと、EC2の再起動のたびに、IPアドレスが変更となり、ブログの来訪者が見れなくなってしまう恐れがあります😭

EC2のサブメニューからElastic IPを選択して取得します
取得したElastic IPを作成したEC2にアタッチします

以上がElastic IPのアタッチとなります🐯

EC2にアクセス

いよいよ作成したキーペアで、EC2にログインしてみましょう🤗

macならターミナル、WindowsならTelatermなどをインストールして以下のコマンドを入力します。
※キーペアを保存したディレクトリから入力が必要です

ssh ec2-user@[Elastic iPアドレス] -i [キーペア名]
初回のみ上記の確認が行われますのでyesと入力ください。

上記の画面が出力すればログイン成功です🤗

Webサーバ構築

さて、このままではただのパソコンと変わりないので、
Webページを表示できるようにWebサーバとして構築していきます。

その為に、ApacheというオープンソースのWebサーバソフトウェアをインストールしていきます🤗

Webサーバ構築方法
  • EC2にログインする
  • Apacheをインストールする
  • WebブラウザからWebページの表示

Apacheのインストール

EC2にログイン済みのため、続けてApacheをインストールしていきます。
EC2ログイン済み画面から続けて以下のコマンドを入力していきます🤗

sudo yum -y install httpd

yumコマンドはアプリケーションをダウンロードしてインストールしたり、アンインストールしたりする管理者コマンドです。

続けて、インストールしたApacheを(httpd)を起動します。

sudo systemctl start httpd.service

これで、Apacheは起動できましたが、サーバーを再起動すると停止してしまいますので、
サーバー起動時に自動起動の設定をしておきます。

sudo systemctl enable httpd.service

以上で、Apacheの起動・設定は完了です🤗

Apacheの起動状態を確認したい際は、以下のコマンドもお試しください。

sudo systemctl status httpd

緑色でrunnningと表示されていれば起動しています✨
また、以下のコマンドでhttpdを停止できます。
httpdを停止をすることで、Webページへのアクセスができなくなります。

sudo systemctl stop httpd

Webブラウザからアクセス

Apache(httpd)を起動させた状態でWebサーバとして動作しますので、
Webブラウザから自身のWebサイトにアクセスしていきます。

ブラウザ(Safari、Chrome)を立ち上げ、
URL欄に取得したElastic IPアドレスを入力ください🤗

すると以下の画面が出力されれば今日は終了です🐯
お疲れ様です🤗

Apacheのデフォルトページです🤗/

今後、何度かサーバーの設定を変更してWebブラウザからアクセスしますが、設定を変更してもWebブラウザの表示画面が変わらないときは、キャッシュが残存していることを疑ってみてください。

キャッシュ有効化により、WebサーバーにアクセスせずにWebブラウザ側に保持している情報を表示しているケースがあります。(画面表示の高速化の為)

改善方法はキャッシュの消去となりますが、Safariの場合、左上のSafari画面から「履歴を消去」を押し、キャッシュのクリアを行なってください。

まとめ

Webサーバの構築いかがでしたでしょうか🤗

ネットワークの設定も完了している為、スムーズにできたことと思います✨次回からはいよいよ、URLの取得、DBサーバの構築を行い、Wordpressをインストールしていきます🤗

あわせて、詳細の内容を知りたいや、知識を得たい方向けには以下の本がオススメです🤗

春休みにブログを開設しつつ、IT知識も学ぶなんていかがでしょうか🤗

また見てもん🐯

コメント