自炊レベルを上げたければストウブ(STAUB)を買うべし

この記事を書いた人
トラみちゃん

虎ノ門に強い憧れを抱く、30代大手町OL。
外資系コンサルタントとしてIT系の勉強も兼ねて、AWSでブログを初める。
株式投資歴10年、積立投資(NISA)歴7年で、運用資金2000万円越え。
昨年から、不動産投資も開始し、安定的なポートフォリオを目指して日々懸命に働く。Twitter:@toramifire

トラみちゃんをフォローする
ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

トラみは実家を出る時に、ストウブを買いました🐯それから、毎日使っていますが本当におすすめなのでみなさんに紹介します😘

スポンサーリンク

そもそもストウブとは?

ストウブはメイドインフランスの鋳物ホーロー鍋です。ずっしりと重くて片手で持つことは不可能!でもその厚みのある鍋のおかげで、食材の旨みを閉じ込めたおいしーい無水料理が出来る🐯

スープ、シチュー、カレーなどほとんど水を使わずに調理することができて、栄養も逃さない👌

また、基本的には

食材を切って味付け→蓋をして火にかける🔥

というほったらかし調理ができます✨

忙しい毎日を送るみなさんにもぴったりだと思う🐯

スポンサーリンク

形、サイズはどれがおすすめ?

  • 一人暮らしまたは夫婦、カップルなどの少人数家族
  • キッチン収納少なめだから、少数精鋭希望
  • 初めて買うストウブをどれにしたらいいか迷っている

上記に当てはまる人には是非おすすめの形があります🤍

トラみとお揃いの

ブレイザーソテーパン‼️


あれ?思ってたストウブと違うなって思ったそこのあなた❣️

確かに鍋の高さが浅め。ストウブの売りである無水調理がちゃんとできるの??なんて思わないでね🐯

しっかり無水調理が出来ます✨

蓋裏の突起がスタンダードなものと違って、ナイキマークなんです✨このマークのお陰で無水調理が鍋の高さが浅くてもできちゃうんです🤍

また、この浅さのお陰で、煮込みハンバーグ等の「炒めてから煮る」という調理がとってもしやすい🤍

もちろん普通のフライパンのように「焼く・炒める」もやりやすくて、マルチに使えちゃいます🤍

一方で、多くの方が仰ることですが、ストウブは「大は小を兼ねない」‼️

なぜならば、鍋内に7割以上の食材を入れないと上手に無水調理ができない😳だから、用途に合わせた形・サイズを選ぶことが重要です✨

したがって、ストウブブレイザーソテーパンがおすすめの理由をまとめると、以下の通りとなります🤍

  • 一人暮らしまたは夫婦、カップルなどの少人数家族→カレー、シチュー2人分ならおかわりも出来るぐらい作れてちょうどいい
  • キッチン収納少なめだから、少数精鋭希望→フライパン兼鍋として使えるから一つあるだけで大活躍
  • 初めて買うストウブをどれにしたらいいか迷っている→様々な用途で使うことでストウブのメリットを堪能できる

トラみは、ブレイザーパンが気に入ったので半年後にピコ・ココットのラウンド18cmを買いました😋(副菜用)


おすすめのストウブレシピ本

自分にぴったりのストウブを買ったら、早速使ってみたいですよね🐯オススメのレシピ本を紹介します🤍


このご時世だからこそ、キッチン用品を見直して、美味しい自炊生活を過ごせたら最高ですよね🤍

是非参考にしてみてください✨

また見てもん🐯

コメント